障害年金とは?

障害は、病気や交通事故などによる不慮の事故などによって働くことや、日常生活に支障をきたし、生活することが、困難な状況になってしまう状況を言います。
障害の条件として短期間ではなく、長期間にわたって存在するものを言います。
国によって支給される障害の種類には、身体、精神、難病が含まれます。

その重度さによって、障害等級と言う区分が決定します。
決められた区分によって、それぞれに支給額が異なります。
障害年金の簡単な説明をすると、年金とは年金保険を指します。
日本の場合は、20歳から加入が義務づけされています。
保険料を60歳まで納めることによって、いろいろな給付を受けることができる仕組みになっています。
年金は基本的には、2階建て方式と言う図式で表されます。
1階部分は国民すべてが加入する国民年金で、2階部分がサラリーマンなどが加入する厚生年金と公務員などが加入する各種共済年金になっています。
これを年金の2階建て方式と呼んでいます。

障害年金とは、年金の給付の1つであり、年金に加入している被保険者が、病気や怪我により障害者になった場合に支給される年金です。
受給対象となる年齢は、年金保険料を納めている20歳から60歳だけで無く、要件を満たせば、0歳から65歳まで受給することができます。
また障害年金の種類は、国民年金の場合は、障害者基礎年金です。
厚生年金の場合は、障害厚生年金であり、各種共済年金の場合は、障害共済年金と3種類があります。
この障害年金も2階建て方式となっていて、1階部分が国民すべてが受給資格となる障害基礎年金となっていて、2階部分が、賃金報酬に比例する障害厚生年金と障害共済年金となっています。